ハイブリッドでいこうぜ

いいとこ取りを目指して試行錯誤するブログ

靴を磨く余裕と早起き

f:id:m-kawaguchi:20180529075314j:plain:w480

今朝、面白いことに気づきました。

靴を磨く余裕を持つというのは、順調なリズムで生活できているかのバロメーターなのかもしれない。

ということです。

私は、もうだいぶ前から朝の早い時間帯に移動を済ませ、1日の段取りを組んだり、コーヒーを飲み、一息いれたりしています。 移動中に本を読むこともあります。

朝早く移動するメリットは、先日も書きました。

m-kawaguchi.hatenablog.jp

ここのところ、生活のリズムが若干乱れ、朝の移動の時間がずれてしまっていました。 遅くなればなるほど、混雑するわけなのですが、なんとも言えない違和感が混雑の中にありました。

その違和感が何なのか、わからなかったのですが、それが今朝わかりました。

一言で言うと、余裕の有無です。

今朝、乗りたい時間帯の電車に乗ることができました。 電車に揺られ、なんとなく周囲を見渡していると、「あ、これだ」と気づいたのです。

座っている人の靴が皆キレイでした。

手入れが行き届いているのです。

その光景をを見て思いました。

そういえば、最近リズムが崩れている時、靴磨きを丁寧にしている余裕はなかった。

シャツのアイロンがけも、朝の支度もバタバタとしていて、靴にまで配慮している余裕がなかったのです。

今日は、前日の夜に予定通り翌日のタスクの一部を終えることができていたので、朝に余裕がありました。

もちろん、靴にも手入れをすることができていました。

靴を磨く余裕を持つというのは、順調なリズムで生活できているかのバロメーターなのかもしれない。

足元を見るとは、そういうことなのか。

なるほどな、と気づきを得た朝でした。

この辺りは使ってます。

[コロンブス] 磨きクロス 7403 シロ 21×30?

[コロンブス] 磨きクロス 7403 シロ 21×30?