ハイブリッドでいこうぜ

いいとこ取りを目指して試行錯誤するブログ

毎朝4〜5時に起きる私が早起きするために守っていること(その1)

f:id:m-kawaguchi:20180106160642j:plain:w480

はじめに

だいたい起きる時間は、朝4時か5時くらいの生活がすっかり定着しました。

なんだかんだで昨年2017年は、一年を通してこの時間帯に起きることができています。

「おはよう」と朝起きたタイミングでツイートしているので、こちらがその記録になります。

@m_kawaguchi おはよう - Twitter検索

実は、私は、もともと夜型でした。

朝早く起きることができるように、試行錯誤を経て変えてきた経緯があります。

では、なぜ、だいたいの人はぐっすり寝ているであろう早朝の時間帯に起きているのか?

また、早起きをするにあたって何を気をつけているのか、まとめてみたいと思います。

この記事はこんな人向けです

・朝早く起きたいが起きれない人

・仕事などが終わった後に何かしたいことをしたいができていない人

・朝眠くて目覚ましに頼りきりな人

今回の記事に関係してこちらの本を過去読み、一部実際の習慣に取り入れています。

快適睡眠のすすめ (岩波新書)

快適睡眠のすすめ (岩波新書)

なお、今回の記事は未完であり、続きがあります。

なぜそんなに早い時間に起きるのか?

睡眠が最も1日のパフォーマンスに影響するから

いくつか理由がありますが、

最大の理由は、コレ。

睡眠というのは最も1日のパフォーマンスに影響するからです。

過去にもこのテーマの記事を書いています。

m-kawaguchi.hatenablog.jp

最低限、睡眠を守ることで、仕事に取り掛かる上でも、1日を有効活用する上でも重要です。

時間が足りなくなると最も削りやすいですが、負債という形で残るか、パフォーマンスに悪影響が出るので削ってはいけません。

したいことができない我慢の生活から抜け出すため

次の理由が、「したいことができない我慢の生活から抜け出すため」です。

もともとは夜型でしたので、ついつい気をぬくと今のでも夜までダラダラと何かをしていることがあります。

夜の時間というのは、コントロールしやすいように見えるので、なんだかんだで無理すると夜の時間に繰り越されます。

仕事であれば、残業という形であったり、飲み会という形であったり様々です。

で、問題は、それらが終わった後の余剰時間に勉強したり、ブログを書いたりしようとするとできなくなることがあることです。

重要でない暇つぶし程度であれば良いのですが、重要性があることを後回しにすると、状況が悪化していきます。

さらに、その重要なことというのは、恐らくずっとできないまま残り続けます。

私はこの状態が苦しかった。

この状態から抜け出すために、夜の時間をばっさり捨てました。

その代わり、朝起きて確実に重要なことをする時間を持つように変えたのです。

これは効果がありました。

通勤の時間を有意義に使うため

朝、私は電車を使って通勤をしています。

昔は通勤ラッシュど真ん中でしたので、座ることなど到底できず、電車の乗るのも手一杯のような状況でした。

早い時間に移動をするものですから、ほぼ毎日確実に座ることができ、移動時間に本を読むなど移動以外の活用ができるようになります。

ここでも、「したいこと」にかける時間を増やすことができます。

今日の記事はここまで。続きは明日。

おわりに

続きについて

肝心なところをかけていないので、私自身気持ち悪いのですが、ちょっとだけ我慢です。

継続的に書き続けるというのもひとつの目標にしていまして、今回は思い切って、時間を設定し無理やり切るということをしてみました。

続きは明日、別記事で更新しますので、併せてご覧ください。

フィードバックについて

ここのところブログを書くと、きちんとみてくださりフィードバックをいただくことがあります。

私としては、ブログ書くという行為自体が一種のトレーニングでもありますので、とても嬉しいです。

いつもありがとうございます。

なぜブログを書くのか

m-kawaguchi.hatenablog.jp

2018年は「広げる」としようと思う

m-kawaguchi.hatenablog.jp

今回の振り返り

やったこと

ブログ記事を書くのに、時間制限をかけた。

わかったこと

中途半端で気持ち悪い

つぎにやること

残りの文章を書く。

残りのセクションは、

  • どうすれば起きられるのか
  • どんなルールがあるのか

追記: 2018-01-07 18:41

続きも書きました。

m-kawaguchi.hatenablog.jp