ハイブリッドでいこうぜ

働くことはきっと楽しいこと。タスク管理を通じて、いいとこ取りを目指して試行錯誤するブログ

私がランニングをしている理由

ランニングを始めるきっかけ

ランニングを始めたのは2012年の秋

なかなか思うように毎日いかず、イライラすることが増え、ただ苦しい状態でした。一時的でも良いから楽しみを見出せる逃げ場が欲しかったという経緯があります。

ちょうど良いストレス対策を見つける上での試行錯誤をしている中で始めた1つでした。

昔からストレス対策が下手です。 上手に発散することができず、ストレスを溜め込んでしまい、やがて処理できなくなっては無気力になっていました。 文字通り潰れてしまっていたわけです。

上手な人は、食事をしたり、飲酒をしたり、他人に愚痴という形で発散したり、買い物をしたり、旅行に行ったりすることで気分転換をし、ストレスを発散するのですが、自分はそれらで発散できませんでした。

だからこそ、これら以外で何か発散する手段が必要だったのです。

当時、全くの未経験でした。 今、振り返っても、最も自分らしくない選択だったと思います。

なぜ、わざわざ苦しいことをするのか?

ランニングをしていない人にランニングが趣味だというと、 よく「なんでそんな苦しいことをしているの?」という趣旨の質問をされます。

正直、その通りだと自分も思います。 走っているときは、苦しいです。

ただ、ある程度苦しい状態(=負荷)をかけて、 走っているとイライラしていて、ぼんやりしていた状態から解き放たれ、 走り終える頃には、走りきったという達成感と疲労感とともに、エネルギーが満ちてくる不思議な感覚を得ます。

これが爽快なのです。

というのも、ある程度、負荷をかけて走ると余計なことを考える余裕がなくなるのです。

身体と心は、繋がっています。

身体に異常があるときは、心に異常が出ます。心に異常があるときは、身体にも異常が出ます。 辛い状況というのは、どちらかがバランスを崩してどちらも悪くなっている状況なのだと私は、これらの体験を通じて知りました。

走りはじめたら自分の足で帰って来なければならない

走り始めると、助けてくれる人は、ほぼいません。

無理をしろと言っているわけではありません。限界だと判断するのも自分だというだけです。 限界を感じたら立ち止まればいい。歩けばいい。無理そうなら、交通機関などに助けを求めればいい。

基本は、走りはじめたら自分で判断し、帰るというルールがあるだけです。

自分で決め、判断し完結する一連の過程が日々思うようにいかないしがらみから、解き放ってくれます。

なぜなら、走り始めて戻って来たというのは、やり遂げた証なのですから。

これは自信を持っていいことのはずです。

身体は正直

練習すると自分の成長がはっきりわかります。 今でこそ、週末に時間を見つけて20km近く走ったりするものの、最初は2kmすら走りきることはできませんでした。

続けていると、できるようになってくるのです。 しかも、割とすぐできるようになります。

これもまた私が面白いと感じる要素です。

最近は、仲間が欲しい

ランニングは、1人で実行することができます。

SNSからも離れ、本当の意味で1人になる時間はどれだけ持てるでしょうか? 私は、平日の時間、週末の時間を振り返るとほとんど持つことができていませんでした。 実際、非常に難しいです。

この1人になることも魅力の1つなわけですが、ここのところ少し変わって来ました。

ランニングを始めると、同じ趣味を持つ人に出会う機会が時々あるからです。

さらに、面白いことにランニングを習慣としている人は、

  • ポジティブなマインドを持った人が多い印象
  • 自分の意思を強く持っている人

が不思議と多いです。 この人たちと関わりを持てるかもしれないのもラッキーです。

ランニングが共通言語なので、直接の利害関係も無く、関係性はとても楽です。

最後に

私が、走る理由は、ダイエットではありません。 なんとなく、健康に良さそうだからという漠然な不安に対する行為でもありません。 ちゃんと理由があります。

ストレス対策、強いては、日々の生活をより良く過ごすためのちょっとした工夫なのです。