ハイブリッドでいこうぜ

いいとこ取りを目指して試行錯誤するブログ

GoogleTodoリストって知ってる?

はじめに

最近はGmailを使っていない人の方が少ないかもしれません。 実はGmail(グーグルアカウント)を持っているとカレンダーなど代表的なサービスの他にタスクリストがついているのをご存知ですか?

今回はそのタスクリスト、Google Todoリストを紹介します。

Google ToDo リスト - Gmail ヘルプ

f:id:m-kawaguchi:20170413075549p:plain

目次

何が良いか

実にシンプルです。

  • 既存のタスク内で改行をすると新しいタスク
  • 行を削除するとタスクも削除(削除済リストへ移る)
  • 期限日の設定ができる(期限日の設定をするとGoogleカレンダーに表示されます)

以上。

それだけなんです。

しかし、それがいい

イメージとしては、超簡易的なアウトライナーと超簡易的なTODOリストがくっついたようなツールです。

できることも少ない。

ただ、それが他にない良さで何度も他のツールに移っては、戻ってきています。

  • 少なくてもここまでにやらなくてはならないこと
  • このくらいまでに完了したい
  • ここまで進めてみよう

など、点としてのタスクの管理(目安の管理)にはこの程度がちょうどよいのです。

実にアバウトにしかできませんし、カレンダー上だとスペースも限られますから階層も深くできないことが魅力なのです。

巷のタスク管理ツールはとても便利な反面、多機能すぎます。

タスク管理のワークフロー

GoogleTodoリストの良さは、単機能なだけではなくて、実はAPIを持っていてデータへのアクセスがしやすいところも隠れた魅力です。

要するに、他のツールと併用しやすい。

ワークフローの話は、ちょっと触れる程度の話ではなくてがっつり書く類の話なので 今日は書きませんが、私はタスク管理をする時に、実行するまでに 工程 をわけていて、工程ごとに使うツールも分けています。

同時に一度のこと考えないために意図的に制約を設けて複数ツールを併用して、仕組みでカバーするようにしています。

ここが多分、他の人と違います。

もちろんそんなことをしているのには理由があって、すべてを1つの場所に集約するのは、何度もやろうとして失敗してきたからです。 1つの場所にすべてを集約すると、一度に扱う情報が増えすぎてしまって、具体化すればするほど、情報を扱うためのコストがバカにならなくなってきます。 ※探したり、関係性を考えたりする手間のことです。

だから、一度に認識できる情報量を制限し、あえて、先に入れ物を小さくすること にして

必要な時に必要なことしかできない仕組みを作るわけです。 ※かばんの話を過去にしたのも同じ構図であって、だからこそカバンにこだわりがあります

おわりに

昨日は、体調を崩してしまって、連続更新をストップしてしまいました。 今日もまだ本調子ではないので、今日はこのくらいにして、連続更新を更新目指していきたいと思います。

それではまた。